ロゴ
HOME>Column>シミ対策は早めが肝心!化粧品で美肌になろう

シミ対策は早めが肝心!化粧品で美肌になろう

鏡を見る女性

シミができるメカニズムとは

加齢で発生しやすい肌トラブルの一つがシミです。シミができる原因の一つが紫外線です。紫外線を浴びることで皮下にメラニン色素が発生します。メラニン色素自体は肌を守る上で大事なものです。ただ、若い頃はターンオーバーで古い角質と一緒に排出されますが、年を重ねると排出されにくい状態になります。排出されなかったメラニン色素は表皮に沈着してしまい、シミになって残るのです。一度メラニンが沈着してしまうと取るのが大変です。一番いい対策法は、メラニンが沈着する前に予防することです。それには日焼け止めを塗ることやターンオーバーを整えることが効果的です。もしも沈着してしまったら、早めに美白ケアをすることをお勧めします。

シミ

美白に有効な化粧品の成分について

沈着してしまったメラニンの排出には、美白効果がある美白成分配合の基礎化粧品でのスキンケアが必須です。美白成分は沢山ありますが、代表的なのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体にはメラニン色素の排出を促す効果があるので、シミ対策に効果的です。さらにコラーゲンの生成をサポートして肌にハリを出す効果も期待できる、年齢肌対策に嬉しい成分です。「ハイドロキノン」もシミ対策に欠かせない美白成分として知られています。ただビタミンC誘導体とは違って医薬品なので、市販の基礎化粧品で配合が許されているのはわずかな量です。それでも高い美白効果があり、ハイドロキノンが一個あれば美容皮膚科レベルの美白ケアができます。